割増賃金の計算における時間外労働の端数処理は可能?

こんにちは、三ツ星HRコンサルオフィスです。

給与計算における端数処理、よくご相談がございます。

日々15〜30分単位でまるめて計算を行っているが正しいのか?、などですね。

端数処理につきましては、ルールが決まっています。

月単位での端数処理はできますが、1日単位での処理は違法なのです。

労働時間は、それがたとえ1分であれ労働時間としてカウントすることを要します。

これが原則ですが、次の方法に従った端数処理は、事務簡便を目的としたものと認められることから、これを違反として取り扱わないとされています(昭63.3.14 基発150・婦発47)。

 

  1. 1カ月における時間外労働、休日労働および深夜業の各々の時間数の合計に1時間未満の端数がある場合に、30分未満の端数を切り捨て、それ以上を1時間に切り上げること
  2. 1時間当たりの賃金額および割増賃金額に円未満の端数が生じた場合、50銭未満の端数を切り捨て、それ以上を1円に切り上げること
  3. 1カ月における時間外労働、休日労働、深夜業の各々の割増賃金の総額に1円未満の端数が生じた場合、2と同様に処理すること

 

ちなみに、端数処理ができるのは「割増賃金」の計算です。

労働時間は何でも端数処理できるわけではなりませんのでご注意を!